プリクラッシュセーフティシステムのあるプリウスの評価

hon

早ければ2015年内にも新型が登場すると噂されているプリウス。車体は現在よりも大きくなり、車重は軽量化されるとの情報もあります。安全装備もますます充実してくるのではないかと思います。

衝突軽減のためのトヨタの技術に、プリクラッシュセーフティシステムというものがありますよね。カメラやレーダーを使って、前方にある障害物を遠くから検知し、衝突の危険をシステム的に回避しようとするものです。

確かに、もう1秒手前からブレーキを踏むことができれば、大きな事故にはならなかったかもしれない・・と思うような事故も多いのでしょう。

このシステムが搭載されることによって、自動車の安全性は格段に上がっていると思います。

今日は、このプリクラッシュセーフティシステムを搭載したプリウスについてのお話です。燃費だけではなく、安全技術も近未来・・いつまでもトヨタのプリウスは、自動車業界の少し先を照らし続ける存在なのかもしれません。

プリウスには、3種類のプリクラッシュセーフティシステムが搭載されています。

・プリクラッシュブレーキアシスト

・プリクラッシュブレーキ制御

・プリクラッシュシートベルト制御

更に、後方からの衝突に備える、アクティブヘッドレスト、歩行者障害軽減ボディの採用、現状考えられるすべての安全技術がぎっしり詰まった車なんですね(‘◇’)ゞ


【プリクラッシュセーフティシステム搭載のプリウス】

プリウスはリッターあたり30.4km走るところが燃費が良いと評判です。このクラスでこれだけ走れる車は、このプリウスくらいではないかと思うのです。たっぷりとした室内空間を誇り、足元はゆったりと広いのも魅力的です。

ボディは前方部分が低く、後ろにそってボリューム感のあるデザインが魅力的な車です。車高が低めで、とても安定した乗り心地が良いところです。この形がトライアングルシルエットというもので、空気抵抗をより減らすことができ、これが燃費をより高めることに繋がるのです。

このプリウスの車体ボディの色が実に美しく、まるで空の色を表しているかのような美しいブルー色が話題でした。白のボディも光るように輝く色が美しく、このデザインと似合うのが特徴的です。

1.8Lエンジンを搭載しており、しっかりと走れる燃費の良い車と評価が高い車でもあります。プリウスは、低排出ガスのために空気を汚さないのも嬉しいところです。

高速を走ってもあのザーっという大きな異音がしにくいところも実に評価が高く、エンジンノイズも聞こえにくいのが高い評価が高いのです。ロードノイズを抑えることができる吸音と遮音材をしっかりと最適な配置に設置しているために、そのノイズが聞こえにくくしてあるのも良いと評判です。

振動も身体に感じにくいのも、このプリウスの良いところです。モーターだけで走ることができ、最適制御ができるのがこのプリウスの高い評価に繋がるところです。

フロント部分に衝突を避けることができるプリクラッシュセーフティシステムが付いているので、ドライバーに危険が訪れたらブザーで知らせてくれるので、衝突を未然に避けることができるのも評価が高いところです。

私が免許を取る時は、「車は凶器に変わる」と教わりました。確かにその通りだと思います。

今の生活になくてはならない自動車、安全システムは大事ですが、運転者である私たちは、機械に負けない安全意識を持って快適なカーライフを楽しみたいと思います。

今日は、プリクラッシュセーフティシステムを調査してみましたが、私もプリウスの安全装備について、感心してばかりでしたw

  icon-hand-o-right 必見!交渉が苦手な方向け!新車購入ガイド

⇒トップページに戻る☆彡「注目の話題が満載」
スポンサーリンク
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

cx-8

2018.2.23

マツダCX-8とCX-5の違いとは?まるでコンセプトが異なる車

マツダのSUV車のラインナップは、CX-3・CX-5・CX-8とわかりやすいものとなっている。当然のことながら数字が大きくなるほうが上位車種…

ページ上部へ戻る