ロードスターRFの発売日・価格・最新情報

road

世界累計生産台数100万台を突破し、勢いに乗るマツダのロードスターに、いよいよRFモデルが追加リリースされます。発表・発売日は2016年10月となり、排気量は2リッター。

RFというのはリトラクタブルファストバックという意味で、簡単に言えば電動ルーフ、屋根の開閉が電動で行える仕様になるということになります。

ロードスターは一応スポーツカーという位置づけなので、車重が重くなるような電動ルーフはラインナップされていませんでしたが、ユーザーのニーズに答える形で、10月に発売することになりました。

もっと言えば、電動ルーフが車の上部に取り付けられることで、車の重心が上になってしまうので、走行性能という意味でもRFの採用は見送られていたものと思います。

車重が重くなることへの対策として、1.5リッターだったエンジンを2.0リッターに拡大、よりパワーのあるエンジンに乗せ換えることで、安定感を増したわけです。

road1

road2

こういった画像を見ると、スポーツカーの雰囲気は維持されたままとなっていますが、走りは確実に落ち着いた感じになっているはずです。


 【ロードスターRFの最新スペック情報】

ロードスターRFは車重が重くなったとはいっても、1100kgということで十分に軽いです。直4DOHCエンジンの出力は160psということで十分なパワーがあります。

ターボ車ではないので、どっかんという加速感はありませんが、高速域でもより安定した走りが期待できる仕様となります。

電動ルーフの開閉は、時速10km以下ならば走行中でも行うことができますので、駐車場に到着して駐車スペースを探しているときなどにも開閉が可能です。

突然の雨でも、信号待ちなどで素早く開閉できるので、オープンカーがより身近になりました。

◆ロードスターRFスペック

全長×全幅×全高 3915×1735×1245

ホイルベース 2310

エンジン 直4DOHC 2リッター

最大出力 160ps/6000rpm

最大トルク 20.5kgm/4600rpm

トランスミッション 6MT

重量 1100kg

価格 320万円

価格がちょっと高いですけど、電動ルーフ付の本格的なスポーツカーを望む方には需要がありそうです。でも私なら1.5リッターの遊べるロードスターのほうが性に合ってるような気がします。

スポーツカーは結構手荒に扱うことも多いから、高級感よりも手軽さ重視なのかなぁ。

≪続きを読む≫

  icon-hand-o-right 必見!交渉が苦手な方向け!新車購入ガイド

⇒トップページに戻る☆彡「注目の話題が満載」
スポンサーリンク
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

ro1

2015.1.16

マツダ新型ロードスターの発売日や最新情報!

2014年は、まさにマツダイヤーでしたよね。 新型ロードスターの発表や、新型デミオの登場で沸きました。 新型デミオでは、マツダが…

ページ上部へ戻る