JEEPレネゲードは価格と燃費ともに良心的な設定に!

jeep

小型の本格派SUV、JEEPレネゲードが登場しました。コミカルなデザインにも見えるこのコンパクトなSUVは、これまでコストパフォーマンスの面で、本格的なSUVの購入を控えていたという方にうってつけの車です。

車両本体の価格は297万円から、上位モデルでも340万程度に抑えられている。しかも、燃費性能は15.5km/Lということで、日産のエクストレイルなどと比較しても遜色ない性能となっています。

ハンズフリーで電話の操作などができるボイスコマンド機能、そしてクラッシュミティゲーションなどの安全装備、そうそう、外国産車特有の頑丈なボディは、高張力スチール使用率70%、小さくてもどっしりと安定した走りを実現しています。

ストリートで乗っても、オフロードを走っても、思わず走るのを躊躇してしまうような悪路も、JEEPレネゲードなら簡単に走破することができます。

日本車には無さそうな機能としては、オープンエアルーフ昨日、前席と後部座席のルーフがオープンとなり、開放的なドライブを演出してくれるのです。


 【日本人が求めていた小型SUV】

日本のSUV市場を見てみると、軽自動車のハスラーに代表される、実用的で小さい車が大変な人気となっています。今までのように大きすぎて取り回しのきかない大型のSUVは必要ありません。

JEEPレネゲードは、本格的だけどコストパフォーマンスに優れるといった、日本人の現在のニーズにぴったりはまっている車と言えます。

そのほかにも、雨量感知機能ワイパー、クルーズコントロール、車線逸脱警報など、先進的な機能も満載です。

忘れてならないのは、360°の保護性能として搭載されている、7個のエアバッグが標準的に搭載されていることです。頑丈なボディと合わせて、万が一にも安心できる装備です。

外車らしく武骨さを感じさせるデザインのインパネは、ドライバーを異次元に導くような計器類が並び、ステアリングに凝縮されたスイッチ類で、電話、エアコンなどの操作が行えるのはうれしい機能です。

これだけの装備を満載して登場したJEEPレネゲード、これで300万は安い!と声を上げてしまうほどです。

日本のSUVも負けてはいませんが、JEEPというブランドの響きだけで、なんとなくどんな場所でもへっちゃら!という安心感に満ち溢れています。

今回は、JEEPレネゲードのスペシャルリーフレットを参考に記事を書かせていただきました。リーフレットには、たくさんの写真やわかりやすい説明があります。

スペシャルリーフレットは、公式サイトで配布されていますので、興味のある方はぜひご覧ください(^^)/

  icon-hand-o-right 必見!交渉が苦手な方向け!新車購入ガイド

⇒トップページに戻る☆彡「注目の話題が満載」
スポンサーリンク
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

ve2

2015.1.26

新型ヴェルファイア2015のカタログ画像とグレードについて

トヨタから最上級グレードのミニバン、新型ヴェルファイアがいよいよ発表になりましたね!今度のヴェルファイアは国内最上級ミニバンにふさわしい装備…

ページ上部へ戻る