新型プリウスの画像が初公開!発売は215年末から予約は?

prius

新型プリウスのデザインが初公開されました!先代よりもスポーティな雰囲気が漂い、かっこよくスマートになりました。

気になる燃費は、リッター40kmと、前評判通りに大台を突破してきましたね~。

今後のハイブリッドカーは、プリウスの性能を基準に展開していくと思いますので、他メーカーはだいぶ苦しい展開になるのではないかと思います。

ただ、ホンダにはダウンサイジングターボ、日産には自動運転と電気自動車、マツダにはクリーンディーゼルといった特徴的な技術がありますので、ユーザーが今後どの車を選んでいくのか、楽しみな展開です。

日本での発売は、2015年末からで予約は10月末ごろから順次スタートしていくと思われます。

先代の予約の時は、まだデザインが公開されていないうちから予約が殺到して、納車までに半年以上かかりましたから、今回も同じように予約なしの納車は2016年4月以降となるはずです。


 【新型プリウスのデザインをどのように評価するか?】

ようやくデザインが公開された新型プリウスですが、私の感想としては一目ちょっと古臭いかなぁ・・というものでした。

現物を見ていませんのでまだ評価を下すには早すぎるのですが、現行プリウスってなんだかんだでオプションとかパーツを付けるとかっこよくなるスタイルでした。

ノーマルの状態でも、万人に受け入れられるデザインで、たくさん走っていても違和感を感じることはありませんでしたね。

なぜ今回トヨタがプリウスをスポーティなイメージで売り出そうとしているのか?これは推測ですが、ハイブリッド車は走らない・・というイメージが定着し、ハイブリッド離れが加速する可能性があるからです。

他メーカーでは、特にダウンサイジングターボがかなりの高評価を得ている関係で、走りにも強い車というイメージを定着させたいのではないでしょうか?

ハイブリッド車はエコカーの代表選手ではありますが、購入価格を燃費の費用で賄うことができない・・ということも意外な落とし穴だったりします。

先代よりも割高になるとされている新型プリウス、いよいよ発売目前となりました。

  icon-hand-o-right 必見!交渉が苦手な方向け!新車購入ガイド

⇒トップページに戻る☆彡「注目の話題が満載」
スポンサーリンク
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

cx-8

2018.2.23

マツダCX-8とCX-5の違いとは?まるでコンセプトが異なる車

マツダのSUV車のラインナップは、CX-3・CX-5・CX-8とわかりやすいものとなっている。当然のことながら数字が大きくなるほうが上位車種…

ページ上部へ戻る