新型ランクルプラドクリーンディーゼル2015の価格は400万円から

hon

トヨタのランクルプラドにいよいよクリーンディーゼル搭載のモデルが追加になります。発表は2015年6月17日、そして発売は6月27日となっています。購入するならガソリンとディーゼル、どっちを選ぶか?気になる燃費の情報も含めて考えていきましょう。

まず、追加されるランクルプラドですが、2.8Lのクリーンディーゼルターボエンジンを搭載し、価格は400万円から550万円、気になる燃費は11.8km/Lとなるそうです。ディーゼルとなると、給油はガソリンよりも安い軽油となりますから、これまでよりも経済的な負担も少なくなりそうです。


 【ランクルプラドのクリーンディーゼルの効果は?】

ランクルプラドの新しいラインナップは、2.7L 直4 ガソリンエンジンとクリーンディーゼルの2種類となります。2.7L 直4 ガソリンエンジンのほうの価格は330万円~ということで、クリーンディーゼルよりも70万円ほど安く購入できる計算となります。

■1度の給油における価格(ガソリン140円・軽油117円と仮定)

※80リットルの給油を想定

80リットルで走れる距離は、あくまでもカタログ値ですが、ガソリン車で720km、クリーンディーゼル車で896kmとなります。更にガソリンと軽油には、2015年6月12日の時点で23円の差があります。

したがって、1度の給油で1840円の価格差が出ることとなり、更に150km以上も長く走れる計算になるんですね。おそらくですが、70万円の購入価格を埋めるのは大変だと思いますが、ディーゼルエンジンにはもう一つの大きな特徴があります。

それは高トルクであることです。

ランクルプラドの場合、ガソリン車のトルクは25.1kgm/3800rpm、クリーンディーゼルは45.9kgm/2400rpmと圧倒的にクリーンディーゼルのほうが低回転でのパワーを感じることができると思います。

スペックを見た個人的な感想としては、「なんとしてもディーゼル」という感じです。やっぱり大きな車にはそれなりのパワーを求めたいところですからね~。

釣りやウインタースポーツ、悪路をものともしない迫力満点のランクルプラド、今回のマイナーチェンジでは、安全装備も充実し、より実用性の高い車に仕上がっているようです(‘◇’)ゞ

大きい車って憧れますよね・・男なら一度は転がしてみたいと思うのが当然だと思います。維持費や燃費がここまでクリアされてくると、手が届くところまで来ていると感じます。

  icon-hand-o-right 必見!交渉が苦手な方向け!新車購入ガイド

⇒トップページに戻る☆彡「注目の話題が満載」
スポンサーリンク
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

ro1

2015.1.16

マツダ新型ロードスターの発売日や最新情報!

2014年は、まさにマツダイヤーでしたよね。 新型ロードスターの発表や、新型デミオの登場で沸きました。 新型デミオでは、マツダが…

ページ上部へ戻る