スイフトスポーツの新型は2016年10月ワールドプレミア

swift1

燃費不正問題を横目にスズキが2016年になってから展開してきた普通小型車攻勢は、10月にパリモーターショーでワールドプレミアされる予定のスイフトスポーツで更に勢いを増す情勢となってきました。

現在のスイフトスポーツは1.6リッターのM16A型エンジンが使用されていますが、次期スイフトは1.4リッターにダウンサイジングされたターボエンジンが採用される見込みとなりました。

ただし、このクラスのスポーツカーでは、日産が1.0リッターを切るスポーツカーの投入を検討しているほか、トヨタやホンダあたりもラインナップを検討しているので、情勢はまだまだ予断を許しません。

エコ重視、ミッション車が少ない現代において、このクラスのスポーツカーはスタンダードな存在になることは間違いなさそうです。
新型スイフトスポーツの予想スペックの特徴は、なんといっても車重が1000kgを切ることにあります。それによって、剛性を高めたボディーでありながら軽量化を図り、走行性能を維持することです。

もし、次期スイフトスポーツが、900kg程度の車重で、140ps以上の馬力となれば、これは事件ですよね。最近波に乗りまくっているスズキですから、もしかしたらあるかもしれません。


 【新型スイフトスポーツのスペック詳細(予想)】

新型スイフトスポーツの気になるスペックはまだまだ予想の範囲を超えませんが、以下の通りとなります。

・全長:4020mm × 1720mm × 全高:1450mm

・最高出力:150ps/5500rpm

・最大トルク:25.0kgm/4000rpm

・1.4リッター直列4気筒DOHCターボブースタージェットエンジン

・価格:200万円

・燃費:25.0km/L

エクステリアでは、フロントグリル等に大きな変更が加えられるほか、現モデルでも非常に評価の高いインテリアにも改良が施されます。

これまでのコンパクトカーの延長線上にあったスイフトから、かなりスポーツ色の強いスペックとなります。

swift2

 

swift3

写真は現行モデルなのですが、スズキはここのところ、各車種のコンセプトを強く打ち出しているので、スイフトスポーツはスズキのスポーツカーの代名詞にると思います。

スイフトスポーツの発売後、もしかするとスズキから本格的なスポーツカーが登場・・なんて噂が聞こえてくるかもしれません。小型車路線からはブレないとは思いますが、2016年下期から2017年にかけてはスズキの車が台頭してくことになるでしょう。

≪続きを読む≫

  icon-hand-o-right 必見!交渉が苦手な方向け!新車購入ガイド

⇒トップページに戻る☆彡「注目の話題が満載」
スポンサーリンク
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

cx-8

2018.2.23

マツダCX-8とCX-5の違いとは?まるでコンセプトが異なる車

マツダのSUV車のラインナップは、CX-3・CX-5・CX-8とわかりやすいものとなっている。当然のことながら数字が大きくなるほうが上位車種…

ページ上部へ戻る