スズキソリオハイブリッドは2016年内にモデルチェンジか?

solio

コンパクトだけど広々と使える、TOKIOのテレビCMでもおなじみのスズキ、ソリオハイブリッドは、2016年内にモデルチェンジが予想される車種の一つとなっています。

スズキは最近、軽自動車だけでなく小型車の開発にもチカラを注いでおり、全方位モニターつきのナビゲーションシステムや、デュアルカメラレーダーブレーキサポートなど、先進の安全装備も充実しているのが特徴です。

ソリオハイブリッドのもう一つの大きな特徴は、小型車ならではのマイルドハイブリッドで、非常に燃費の良い車であることです。燃費は27.8km/Lとなっています。

5人乗れれば十分だけど、ロングドライブも多いので、広々と安心して使いこなしたいというユーザーの要求に見事にこたえる形状をしています。

ミドルサイズのミニバンは大きくて取り回しが難しいと感じている方にもお勧めの1台です。

気になるモデルチェンジの内容について、まだまだ詳細は明らかになっていませんが、エクステリアの変更、インテリアの変更、燃費の向上などが主な変更点になってくることが予想されています。


 【ソリオハイブリッドモデルチェンジで課題はインテリアか?】

スズキの車って基本性能は非常に高いものがあると思うのですが、非常に地味なイメージがありますよね。人気アイドルグループを起用したテレビCMでも、そのイメージは払しょくできません。

原因は何か?と色々考えてみると、やっぱりインテリアの地味さ、だと個人的に評価しています。もう少しシックなデザインを用いて、内装をブラック系に統一するなり、若者に訴えかける大幅なイメージチェンジも必要になってくると思います。

クラストップレベルの室内空間と燃費性能を持ちながら、なかなか販売台数が伸びないというのは、車にはある程度の「派手さ」も必要だということでしょうね。

軽自動車の世界でも、スズキは堅実なイメージ、ダイハツはシックで大人なイメージ、というように白黒はっきりしていますからね。
私としてはソリオハイブリッドはもう少しスポーティなエクステリアと、少し遊びの効いたインテリアが必要不可欠だと思っていますので、エアロモデルなどの充実も期待したいところです。

このクラスの車はまだまだ伸びしろがあるジャンルで、子供が少ない家庭でミニバンを購入しようとしたときの選択肢の一つとして安乗を挙げるものだと思います。

ソリオハイブリッドを近くで見ると、意外と大きくて広々使える室内であることがよくわかります。「これで5人乗り?」と思うほど室内は広々しています。

TOKIOのメンバーが狭苦しそうに乗っているCMのイメージがありますが、大柄な男性5人乗れば、狭さが際立ってしまいますねw実際はかなり広い車です。

≪続きを読む≫

  icon-hand-o-right 必見!交渉が苦手な方向け!新車購入ガイド

⇒トップページに戻る☆彡「注目の話題が満載」
スポンサーリンク
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

ro1

2015.1.16

マツダ新型ロードスターの発売日や最新情報!

2014年は、まさにマツダイヤーでしたよね。 新型ロードスターの発表や、新型デミオの登場で沸きました。 新型デミオでは、マツダが…

ページ上部へ戻る