マツダ新型ロードスターの発売日や最新情報!

ro1

2014年は、まさにマツダイヤーでしたよね。

新型ロードスターの発表や、新型デミオの登場で沸きました。

新型デミオでは、マツダが世界をリードするクリーンディーゼルを搭載し

燃費性能、ランニングコスト、走りにおいて圧倒的な

ポテンシャルを世に知らしめました。

今後も、マツダが推奨するクリーンディーゼルと、ハイブリッドの

戦いは継続することが予想されます。

戦いの行方を興味を持って見守りたいと思います。

クリーンディーゼルとハイブリッド車の考察については後で述べるとして

まずは新型ロードスターの最新情報をまとめてみます。


【新型ロードスターの発売日はいつ?】

もう長いこと待たされていますが、新型ロードスターの発売日は

2015年6月ごろと予想されています。

発表からだいぶ時間が経つのですが、これはリーマンショックによって

マツダの販売計画が見直され、ロードスターの発売の優先順位が

変更されたことによるものです。

2015年4月頃からは先行予約が始まると思いますので、

最新情報には常にご注目ください。

ロードスターのスペックの中で、一番気になるのがエンジンと馬力です。

当初、エンジンは1.5リッターのガソリンエンジンでした。

馬力は140ps程度になると言われていましたよね。

ところが、つい最近になって、2リッターエンジンのモデルが追加される

ことがわかりました。

2リッターエンジンの馬力は200馬力ほどと言われておりますので、

真のスポーツカー好きは、排気量の大きい方を選びたいところ。

私の個人的な考えですが、2リッターエンジンの追加は、

軽自動車のs660が100馬力化されるという噂の影響だと思っています。

軽自動車が100馬力化されると、マツダとしてもロードスターを

より強力なスポーツカーに仕上げる必要が出てくるわけです。


【クリーンディーゼルとハイブリッド買うならどっち?】

クリーンディーゼルエンジンは軽油で走るからランニングコストが

安いという特徴があります。

しかも、低速域のトルクはガソリン車よりも力強く、ハイブリッド車の

ように、出だしトロトロということはありません。

ハイブリッド車はどんどん進化しているのですが、

電気自動車や燃料電池車にとって変わられる存在です。

しかも、電気自動車も、燃料電池車も、車としてはつまらない。

バキバキ走ることなどできない車です。

その点、ディーゼル車は違います。

化石燃料を使用するという不利な点はあっても、より車らしい走りを

ユーザーに提供することができます。

ガソリン価格が高い時代なら、エコカーが断然有利ですが、

これからガソリン価格はどんどん下がる傾向にありますので

あと2年程度は、クリーンディーゼルの車が有利な状況だと思います。

現に私も、今の状況ならハイブリッドよりも走れるディーゼル。

「車が遊べる」という大切な感覚が残っているうちに

テキパキ走れる車をチョイスしたいと思っています。


ロードスターも当初はクリーンディーゼルになると予想していました。

しかし、ガソリンエンジンは決定のようです。

マツダの今後の戦略がどのようなものになるのか?

独自路線を貫くのか?それとも他者を追従するのか?楽しみでたまりません。

  icon-hand-o-right 必見!交渉が苦手な方向け!新車購入ガイド

⇒トップページに戻る☆彡「注目の話題が満載」
スポンサーリンク
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

serena01

2018.2.27

日産セレナe-POWERの発売日は2018年4月!

2018年春に日産が発売を予定しているセレナe-POWER、ノートが2018年に入っても月間1万2千台の新規販売を記録し、トヨタのプリウスや…

ページ上部へ戻る