三菱新型RVRは2019年度にEV化して登場!

RVR

三菱自動車と言えば、パジェロやデリカ、そしてアウトランダーに代表されるSUVメーカーというイメージがあります。

三菱自動車は、2020年までに14車種の新車を発売するそうで、新型の小型SUVをはじめ、RVRも新しくなって2019年度に投入されます。

現行モデルのRVRは、1.8リッターエンジンと搭載し、燃費は16.0kmほど、本体価格は200万円~ということで、比較的購入しやすいのが特徴です。

2019年度の新型RVRには、三菱が得意とするEV車もラインナップされるそうなので、今後の情報に期待しましょう。

思えば、スズキの新型イグニスが、小型SUVとして発売しましたが、かなり売れているそうですね。

予想以上の売れ行きだったので、スズキが生産を増やす対策に乗り出すほどだそうです。

三菱でも、今後小型SUVの市場は60%程度伸びると読んでいて、ラインナップを拡充することと、EV車の確立によって、ユーザーを確保しようという狙いがあります。

若者にも乗りやすい、RVRの復活を望みたいと思います。


 【手が届くSUVを作ってほしい】

現行モデルのRVRは200万円からで、4WD車を選択すると、300万円近い乗り出し価格になります。

若者が気軽に乗れるSUVだとすれば、せめて250万円以下で乗り出せる車にしてほしい。

三菱のRVRは以前、仲の良い友人が所有していて、スノボをやりに雪山へ出かけたものです。本当に利便性の高い車で、若者にも乗りやすい価格帯でした。

新型RVRには、EV車がラインナップされる予定ですが、現行のアウトランダーPHEVのEVでの航続距離は60kmほどです。

RVRにも同じような性能のPHEVが搭載されれば、EV車がぐっと身近なものになります。

ちなみに、三菱の新型14車種の中には、パジェロミニはラインナップされていないようです。

個人的にはパジェロミニの登場も期待していただけに残念です。

2019年まで、まだ先は長いですけど、RVRと聞くと今でもあの時のワクワクを思い出します。

≪続きを読む≫

  icon-hand-o-right 必見!交渉が苦手な方向け!新車購入ガイド

⇒トップページに戻る☆彡「注目の話題が満載」
スポンサーリンク
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

serena01

2018.2.27

日産セレナe-POWERの発売日は2018年4月!

2018年春に日産が発売を予定しているセレナe-POWER、ノートが2018年に入っても月間1万2千台の新規販売を記録し、トヨタのプリウスや…

ページ上部へ戻る