新型ロードスターの排気量は1.5L馬力は?そして一番気になるのは?

ro1

新型ロードスターが6月にいよいよ発売となります。気になるエンジンは1.5リッター、馬力は130ps程度になると言われています。スペック的には少し物足りない感じもしますが、マツダとしては「大成功」でしょう。コンパクトで若者でも乗りやすいということでスポーツカーがグッと私達に近づきました。

そして、ホンダファンとしてもう一つ気になるのはS660の存在です。S660もいよいよ4月から販売が開始されます。ホンダとしてはもっと早くに発売したかったというのが本音でしょうね。私だったらロードスターとのガチンコは避けますから。


 ◆新型ロードスターは買いか?

率直に言えば間違いなく「買い」です。

新型ロードスターの価格は、現行モデルよりも大幅に下がって230万~となります。約200万円で軽自動車のS660を購入するならロードスターを買ったほうがだいぶ得に感じてしまうのは私だけではないでしょう。

スポーツカーは軽快に走れることが一番の魅力ですが、馬力と言うのはその車の走れる性能を測る上では重要な要素の一つです。S660は今までの軽自動車の規制の枠の中にあります。

従って馬力は64psどまりです。これは、もっと出力を上げられるのに、わざと性能を抑えているからです。新型ロードスターは130psですからS660の倍以上、ボディも徹底的に軽量化されて「走り」を追求しています。


◆新型ロードスターとS660買うならどっち?

私なら・・S660!と言いたいところですが、発売前の段階ではロードスターに軍配が上がります。やっぱりスポーツカーは走りが大事です。維持コストは軽自動車のほうが安いですけどそんなのは微々たるものです。

ただし、S660にも良さがあります。

本当にコンパクトで気楽に乗れるスポーツカー、ぶん回してもたかが知れているので、車の性能を最大まで楽しむことができるんですよね。運転する楽しさという意味では軽自動車という選択肢もありかと。


総合的に判断すると、荷物もある程度積めて、峠道もスイスイ走れるロードスターはマツダ懇親の作品だけあって信じられないほどコストパフォーマンスが高い。

ロードスターって根強い人気で、ファンが多い車だから、ある程度売れる台数も読める・・ということでもっと高く設定されると思っていましたが、逆でした。ロードスターが発売される6月が本当に楽しみになってきました。

  icon-hand-o-right 必見!交渉が苦手な方向け!新車購入ガイド

⇒トップページに戻る☆彡「注目の話題が満載」
スポンサーリンク
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

cx-8

2018.2.23

マツダCX-8とCX-5の違いとは?まるでコンセプトが異なる車

マツダのSUV車のラインナップは、CX-3・CX-5・CX-8とわかりやすいものとなっている。当然のことながら数字が大きくなるほうが上位車種…

ページ上部へ戻る