日産セレナe-POWERの発売延期の理由|パワーや室内空間の確保は?

serena0626-4

日産セレナe-POWERがようやく発売にこぎつけたようです。思い返せば昨年から日産セレナe-POWERの発売が延期になっているという情報が飛び交いました。実はその後色々と調査した結果、延期の理由が大体わかってきたので、もし購入を検討されている方がいたらチェックポイントにしてもらいたいと思います。

ます延期の理由についてですが、当初日産セレナe-POWERにはノートと同じエンジンとモーターを使用するという話でしたが、最終的にはノートよりも高出力のモーターになり、2次バッテリーが搭載されるなどの変更が加わりました。

このことから想定されることは、ノートe-POWERそのままをセレナに乗せ換えてもうまくいかなかったということであり、パワー不足によって高速走行時などにはエンジンが回りっぱなしになって、結局e-POWERの性能が十分に活かされないということです。

serena05

高出力モーターとバッテリーの容量アップによって解決したみたいですが、そのことによっての影響は、室内空間をどのように確保するのか?という点です。セレナはクラス最大の室内空間が売りでした。3列目まで歩いて行けるゆとりがあった室内はどのように変更されるのか?2018年2月末の公式サイトではそのことについて明らかになっていません。

もう一つの懸念は価格帯です。

比較的低価格で実現できるであろうノートのシステムがそのまま使えなくなりましたので、日産セレナe-POWERは想定よりも高額になる可能性があります。ここ数年でハイブリッド車に対するユーザーの認識にも変化があり、モーターとエンジンを両方積んでいるのは「無駄」と思っている人も少なくありません。

さらに、いくら燃費が良くても、購入価格の差額を埋められないことも認識され始めました。他のハイブリッド車と同様に「お得感」は薄れているというのが現実問題としてあります。

今回の日産セレナe-POWERの発売は、技術的な価値よりもミニバンとしての性能の高さが求められているということを忘れてはいけません。高速走行時の静粛性、燃費、販売価格、いずれをとってもヴォクシーやノアといったライバル車種を上回らなければならないのです。

ミニバントップの販売台数を誇るセレナが更に上のレベルへと進化できるのか?購入を検討されている方は是非、ここで述べた懸念点について徹底的にチェックしてみてください。

  icon-hand-o-right 必見!交渉が苦手な方向け!新車購入ガイド

⇒トップページに戻る☆彡「注目の話題が満載」
スポンサーリンク
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

serena01

2018.2.27

日産セレナe-POWERの発売日は2018年4月!

2018年春に日産が発売を予定しているセレナe-POWER、ノートが2018年に入っても月間1万2千台の新規販売を記録し、トヨタのプリウスや…

ページ上部へ戻る