東京モーターショーのホンダブースを見てきたぞ!

hont1

東京モータショー2015に足を運んでまいりましたので、これから少しの間、モーターショーで見てきた車の記事が多くなると思いますが、とりあえず本日は、東京モーターショーのホンダブースに関して感想をまとめておきます。

ホンダブースに入る前に、とても印象的だったのが、「想いを超えろ。」の文字。トヨタやマツダ、日産といった強力なライバルに対する気合が感じられるブースだったと思います。

IMG_1419

IMG_1424

まず、ホンダブースでひときわ目を引いたのが、新型NSXのコーナーです。東京モーターショーでは、スポーツカーが人気のスポットとなっていて、エコカー中心の現代でも、潜在的なニーズはかなり大きいと感じました。

IMG_1403

IMG_1404

そしてもう一つ、私が目を付けたポイントとしては、間もなく発売される新型オデッセイです。

解説によると、新型オデッセイはハイブリッドなのですが、ツインモーターによって、走りを捨てないということがコンセプトとなり、更に、ハイブリッドカーだからと言って、室内空間が狭くならないということでした。

IMG_1427

IMG_1428

こちらは、シビックタイプRです。

IMG_1410

IMG_1412

その他に、近未来型の自動運転車や、新型のスーパーカブなどの展示がありまして、会場は人だらけ・・写真を撮影するのも一苦労でした。

ホンダが今回、力を入れてPRしていたのが、12月に登場予定の新型オデッセイハイブリッドでした。

新型オデッセイハイブリッドの燃費は28.0km/Lということで、高い走行性能を維持しながらも、燃費もライバル車種にかなりの差をつけているように感じます。

オデッセイは、他のミニバンと比較して背が低いですよね。ハイルーフにはハイルーフの良さがあると思いますが、オデッセイのように室内の広さよりも低さを優先することのメリットをもう少しわかりやすく説明してもらえると良いかもしれませんね。

単にかっこいいだけじゃない、新型オデッセイハイブリッドの魅力をもう少し調査してみたいと思いました。

  icon-hand-o-right 必見!交渉が苦手な方向け!新車購入ガイド

⇒トップページに戻る☆彡「注目の話題が満載」
スポンサーリンク
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

cb1

2015.2.13

日産キューブモデルチェンジ2015の最新情報

日産キューブが2015年内にフルモデルチェンジします。今度のキューブはこれまでの斬新なスタイルを継承せずにミニバン化され、7人乗りになるとの…

あなたにおすすめの記事

ページ上部へ戻る