日産セレナe-POWERの発売日は2018年4月!

serena01

2018年春に日産が発売を予定しているセレナe-POWER、ノートが2018年に入っても月間1万2千台の新規販売を記録し、トヨタのプリウスやアクアを抑えてぶっちぎりのトップを保つ中、ミニバン販売台数トップ(2018年1月)のセレナに待望のe-POWERモデルが追加されます。

セレナe-POWERは実質燃費が20Km/L以上と想定されており、実燃費ではトヨタのノアやヴォクシーのハイブリッド車を上回るものと予想されています。e-POWERの技術的な部分はクリアされていて、早ければ昨年の夏にも発売するのではないか?と予想されていただけに、発売日決定が待ち遠しいものとなっています。

serena03

セレナの人気の理由はいくつかありますが、私は数字では表せないポイントに着目して説明したいと思います。第一にセレナは同クラスとして最大の室内空間を持っていること、5ナンバーサイズなのに圧倒的な迫力があります。ただし、室内空間を広くしたことで、重心が高くなりカーブなどでの走行性能は他車種よりも劣ると言われています。

serena02

もう一つの人気の理由は日産が誇る自動運転技術「プロパイロット」へのあこがれがあると思います。現段階でのプロパイロットは運転者がハンドルから手をはなすことができませんので、自動運転と呼べるのか微妙なところですが、国内メーカーではどちらかというと予防安全技術に使われている技術を、運転者の負担軽減に向けた日産の戦略は市場にとって大いに刺激となりました。

serena04

最後に、セレナにはハイブリッド車の設定が発売当初からありませんでした。計画としてはあったと思いますが、ノートe-POWERのヒットによって、方向性が変わったものと想像しています。e-POWERがハイブリッド車を超えて人気となった以上、そのあとに登場する主力車種セレナにe-POWERの設定が無いのはおかしい。

いよいよ2018年4月以降に新型セレナe-POWERが登場します。様々な問題点をどのようにクリアしているのか、もし購入を検討されている方がおりましたら、是非次の記事も参考にしていただければと思います。セレナe-POWERの発売がここまで遅れた理由や問題点について鋭く切り込みますので。

  icon-hand-o-right 必見!交渉が苦手な方向け!新車購入ガイド

⇒トップページに戻る☆彡「注目の話題が満載」
スポンサーリンク
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

cx-8

2018.2.23

マツダCX-8とCX-5の違いとは?まるでコンセプトが異なる車

マツダのSUV車のラインナップは、CX-3・CX-5・CX-8とわかりやすいものとなっている。当然のことながら数字が大きくなるほうが上位車種…

ページ上部へ戻る