インターネット無料一括査定サイト(無料)の使い方

それでは、実際にインターネットを使って、自分の車の金額を教えてもらいましょう。

① 一括査定サイトにアクセスする

今回は、数ある一括査定サイトの中でも、評価が高い「ズバット車買取比較」を使用しますので、下のリンクからアクセスしてください。文章の途中にもリンクがあります。

  《ズバット車買取比較》最大10社無料一括査定

② 開いた画面の中央付近に、郵便番号を入力する欄がありますので、そちらを入力して、「一括査定依頼スタート」をクリックします。

1

③ 下の画像の画面が開きますので、「必須」となっている部分を入力していきます。

まずはお持ちの車の情報を入力してみましょう。

グレード欄は「不明」という項目がありますが、できるだけ調べて入力しておくとより正確な金額がわかります。

「見れば思い出すんだけど・・」と思われる方は、検索エンジンで「車種名 年式 グレード」と入力して調べてみてください。

今回、私のセレナは「セレナ 2010年式 グレード」と検索して調べました。

ドア数についてですが、ハッチバックは1ドアとしてカウントします。運転席+助手席+ハッチバックなら3枚ドアです。

セレナは後部両側スライドドアと、後部ドアを含めますので5枚ドアとなります。

エンジンの排気量は、2000ccとか1500ccとかそういった数字でも大丈夫です。これで必須部分の入力が完了します。

2

④ 引き続き必須部分の入力を進めていきます。

お名前から電話番号までの入力です。電話はいつでも出られるように携帯電話の番号を入力しておけば問題ありません。

3

※個人情報を入力しても大丈夫?

ここで心配になるのが個人情報の入力に関することですね。ズバット車買取比較の運営会社は、株式会社ウェブクルーという企業で、査定サービスのほかに、運営サイト50以上、利用者950万人を抱えるトップ企業です。

査定を利用したことによって、迷惑メールや売り込みのメールが来ることはありません。そのあたりは実証済みなので、安心してご利用ください。

⑤ 不要な項目のチェックを外す

入力を進めていると、下のようなチェックボックスがあります。

今回は、自分の車の価格が知りたいだけなので、すべてのチェックをはずしてください。

5

すべての入力が終わりましたら、「確認画面へ」をクリックして次の画面に進みます。

6

⑦ ズバット車買取比較のすごいところ

7

上の画像の通り、あなたの車を一番高く買い取ってくれる買取店を自動で抽出してくれます。

地域や車種などを考慮して、選んでくれるのでとても便利でした。

最後に「一括査定を依頼する」ボタンをクリックして、申し込み完了となります。あとは査定の結果の連絡を待つだけです。

  《ズバット車買取比較》最大10社無料一括査定

インターネットなら、このように一方的に情報を送るだけで、車を持ち込んだり、担当者に会わなくても、複数社の買取比較ができます。

自分の車の本当の価値ってなかなか知る機会がありません。ディーラーに持ち込んで、値引きと引き換えに大事な資産を手放すなんてもったいない。

⑧ インターネット査定を利用する理由

車の買取価格は、買い取り業者によってかなりの金額の差が生まれます。

その理由は

1.買い取り業者によって欲しい車や得意な車種が違うから

2.買い取り業者はそれぞれ販売ルートが違うから

中古車屋は、中古車を持っていないと話になりません、この中古車屋にはラインナップが少ないと思われたら困ります。だから、少々無理をしても、自分の得意な車種だけは確保したいというのが本音なのです。

買取店ごとに買取車種の優先順位が違うから

1.オデッセイなら17万円の価格差

2.BMWなら44万円の価格差

3.エスティマなら51万円の価格差

4.プリウスなら36万円の価格差

このような大きな差が生まれます。

何社もの買取店を自分の足で歩くのは大変ですし、人に会ったらいろいろ売り込まれそうで心配ですね。

インターネット査定なら、そのような心配もなく、簡単に買取価格を知ることができます。

私は、友人の車、親父の車、妻の車、すべてインターネット査定で金額を把握してから、新車を見に行くようにしています。

新車の見積もり価格から、買取価格を差し引いて、実際の支払金額をしっかり知りたいからです。

  《ズバット車買取比較》最大10社無料一括査定

新車購入の予算作成に、自分の資産の価値を知るきっかけになれば幸いです。最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

ピックアップ記事

serena01

2018.2.27

日産セレナe-POWERの発売日は2018年4月!

2018年春に日産が発売を予定しているセレナe-POWER、ノートが2018年に入っても月間1万2千台の新規販売を記録し、トヨタのプリウスや…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る