ホンダ新型シビックセダンが日本発売間近?

1

ホンダからシビックタイプRが750台限定で発売されることになり、シビックの復活が本格化しています。

新型シビックのセダンは、よりホンダらしいスタイリングで、すでにアメリカで発表されていて、日本国内での復活も期待されています。

一時は、アメリカの発表と同時か、近いうちに日本国内でも発売するのではないか?とのうわさもありましたが、実際のところは2016年4月以降になるんじゃないかと予想しています。

2

いかにもホンダらしい攻めのスタイリングが目立ちます。

シビックはその昔、私も所有しており、低い車高とスポーティなフォルムがたまらなく好きでした。


 【新型シビックセダンのスペック】

直噴1.5リットル直列4気筒ガソリンターボ

最大出力:174hp/6000rpm

最大トルク:22.4kgm/1800-5500rpm

米国EPA(環境保護局)予想燃費:市街地13.2km/L、高速17.8km/L、複合14.9km/L

ベース価格:19,475ドル

大体230万円ほどの価格帯になり、比較的購入しやすいスポーツタイプのセダンになりそうですね。

日本国内でも、このくらいのスペックのスポーツカーならば、すんなりと受け入れられるのではないかと思います・・・。

個人的には、日本で発売するならもう少しインパクトが必要かなぁ・・とも感じています。

1.5リッターのスポーツカーでは、マツダのロードスターが根強い人気、トヨタもFRのスポーツカーを開発中ということで、インパクトに薄いと、馬群に埋もれてしまう恐れがあります。

新型シビックセダンでは、ボディ剛性の強化、軽量化が図られている点など、より軽快に走れるようになっています。

予防安全システムは、もちろんホンダセンシング。

アメリカのトップグレードは27,335ドルと、100万円近くもベースグレードと開きがある価格に設定されています。

シビックセダンというよりも、シビックの復活が喜ばしいニュースでありました。

3

これぞシビックというハッチバックのライトモデルとか、復活してほしいなぁ(^^♪

≪続きを読む≫

  icon-hand-o-right 必見!交渉が苦手な方向け!新車購入ガイド

⇒トップページに戻る☆彡「注目の話題が満載」
スポンサーリンク
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

cx-8

2018.2.23

マツダCX-8とCX-5の違いとは?まるでコンセプトが異なる車

マツダのSUV車のラインナップは、CX-3・CX-5・CX-8とわかりやすいものとなっている。当然のことながら数字が大きくなるほうが上位車種…

あなたにおすすめの記事

ページ上部へ戻る