レガシーの魅力は水平対向エンジン!その加速と音が良い

reg

スバルのレガシーに搭載されている水平対向エンジン。低重心で軽量化を実現したことはもちろん、エンジン音も心地よいサウンドを奏でることで、ファンの多い車です。

水平対向エンジンはスバルだけではありませんが、低重心であることで、抜群の走行安定性を発揮します。

エンジンが軽量でコンパクトであるということは、燃費の向上にも貢献しています。スバルレガシーアウトバックは、2.5リッターのエンジンを搭載していながら、14.6km/Lの燃費を実現しています


 【水平対向エンジンの良さはここに】

現在販売されている車の中で、水平対向エンジンはとても少ない状況ですが、とても魅力的なエンジンです。

水平対向エンジンを製造する国内自動車メーカーとして有名なのはスバルです。海外では、ドイツのポルシェ社が有名ですがフェラーリ社の一部も水平対向エンジンです。オートバイでは、BMWが有名です。

水平対向エンジンの特徴としては、水平に配置するエンジンの形状による低重心化ですが、それ以外に魅力的な音と振動があります。
特に少し前の型式のスバルのエンジンは、エンジンの鼓動が特に大きく魅力的です。私のレガシーはその代表格です。

エンジンは一般的に静かな方が良いとされていますが、実際には、人間的で魅力的なエンジン音と振動(鼓動)が自動車選びの重要なポイントとなっています。

ハイブリットエンジンを搭載するBMWの最新車種bmw i8では、電気モーター駆動時の静粛さを補うために車内のスピーカーから擬似的なエンジン音を流すほどエンジン音を重要視しています。そのこだわりは、アクセルに反応して音色が変わる緻密さです。

フェラーリでは、まるで楽器メーカーのようにエンジン音を調整するだけの担当者がいます。担当者には芸術家のような才能が必要なのです。

スバルのエンジン音と鼓動は、特にアクセルを全開にしフル加速をした時に魅力が高まります。

エンジンの音と、振動と、揺さぶられるような加速感は、何度体感しても飽きることはありません。その魅力に魅了された私は、見通しの良い直線道路があると燃費を考えずにアクセルを全開にしフル加速を楽しんでいました。

実用として車を使う人も多数いますが、少しでも趣味性で車を購入する人ならエンジン音と鼓動を重視します。自動車メーカー全体として、もう少し音と鼓動に対する魅力作りを考えたらどうかと思っています

少し前なら、車のエンジンサウンドってだいぶ重視されました。今はいかに静粛であるか?に重きが置かれて、車を楽しむ世代にとっては物足りない時代になっています。

確かにレガシーの音って本当に心地良い、いかにも速そうなエンジン音ですよね。

  icon-hand-o-right 必見!交渉が苦手な方向け!新車購入ガイド

⇒トップページに戻る☆彡「注目の話題が満載」
スポンサーリンク
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

cx-8

2018.2.23

マツダCX-8とCX-5の違いとは?まるでコンセプトが異なる車

マツダのSUV車のラインナップは、CX-3・CX-5・CX-8とわかりやすいものとなっている。当然のことながら数字が大きくなるほうが上位車種…

ページ上部へ戻る