プリウスの実燃費は?新型でも30km/Lはでない?

prius

自動車のカタログやホームページには、JC08モード燃費という数値が掲載されています。

でも実際に車を走らせていると、メーカーから発表されている数値を大きく下回ることは当然ですね。逆に発表値を上回ることはありません。

新型プリウスの燃費は初めてリッター40kmの大台を超えるといわれていますが、様々な要因が関係するので、実燃費で40kmを超えることは今のところあり得ません。

それでも今のところ燃費が一番良い車であることには変わらないのですが、燃費を理由にプリウスを購入しようとしているなら、実燃費に関する知識をきちんと知っておく必要があります。

スペック上40km/Lの車ですから、せいぜい走っても30km/Lが限界なのではないか?と思います。

走り方によっては25km/L程度まで燃費は落ちることもありそうです。現行のプリウスの燃費は、カタログ値32.6km/Lで、実燃費は20km/Lを下回るとさえ言われています。

今日は、現行プリウスのオーナーさんが、プリウスの実燃費に関する情報を提供してくださいました。


 【プリウスの魅力はやっぱり燃費!】

今まで実家が農家を営んでいる関係上、そちらの仕事で稼働させることが出来る車種を優先的に選択してきたのですが、そろそろ自分の買いたい自動車を更に一台持っても良いだろうという気持ちになり、トヨタのプリウスを購入しました。

プリウスを買うに当たって注目したのは、やはり燃費の部分です。今まで乗って来た車はどれも燃費という点に関しては凡庸で、これはもう致し方ないのかなと半ば諦めムードのまま活用してきたのですが、仕事とは別に買い物やレジャー等で普段から運転する自動車を買う場合は絶対に燃費の良いものにしようと考えていたのです。

実際、色々と調べてみると、プリウスは非常に燃費が良く、公には32.6km/Lという、とてつもない数字がアナウンスされていました。さすがはハイブリッドと息を飲んだのですが、更にスマホ等で口コミ的なレビューを見て行くと、一転して実燃費は32.6km/Lではないという情報が散見されました。

そうしたこともあって少し迷ったのですが、当初の直感を信じ、予定通りプリウスを購入してみました。

さて、実際に運転してみて燃費の本音を語らせていただくと、地方の狭い道路においての走行ではまったく燃費は良くなく、15~17km/Lという現実が見えてきました。狭い道なので、対向車等が現れると減速したり停車したりしなければならなくなるのです。これを繰り返していると、当然燃費は悪くなります。

しかし、高速道路に乗った時や、都市部の広い道路を走る際の燃費は、大体自分の経験としては22~23km/Lあたりであると感じました。確かにオフィシャルなアナウンスよりは燃費は良くないのですが、これならば十分満足の出来る値です。結論としては、走る場所によってプリウスの燃費は大きく変動するということですね。

実燃費は1回で走る距離とか、乗車する人数、荷物などによって大きく変動することがわかりました。燃費が良いことはユーザーにとって大歓迎の性能です。

新型プリウスの実燃費がどこまで伸びるのか?トヨタの新しいハイブリッドに期待しています。

  icon-hand-o-right 必見!交渉が苦手な方向け!新車購入ガイド

⇒トップページに戻る☆彡「注目の話題が満載」
スポンサーリンク
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

ro1

2015.1.16

マツダ新型ロードスターの発売日や最新情報!

2014年は、まさにマツダイヤーでしたよね。 新型ロードスターの発表や、新型デミオの登場で沸きました。 新型デミオでは、マツダが…

ページ上部へ戻る