デミオがいつの間にかマイナーチェンジ(変更点は?)

demio

2014年9月に登場したデミオ、あの時はクリーンディーゼル搭載の小型車ということで話題になりましたよね。

1.5リッターのディーゼルエンジンは、低速域のトルクが力強いのが特徴で、これまでのコンパクトカーとは一味違ったマツダの良さが光りました。

最近は海外メーカーのクリーンディーゼルの不正などがあって、クリーンディーゼルに対するイメージが一変してしまいました。

とても残念なことです。

しかし、そのデミオが実はマイナーチェンジされていたのをご存知ですか?まだ発売から1年ちょっとしか経ってないのにマイナーチェンジが行われたようです。

変更点は、主にエンジンのチューニングでした。

外観はほぼ変更なし、内装は全く変わっていません。変更されたのは、ディーゼルターボエンジンのチューニングです。

これまでよりもアクセルに対するレスポンスが向上し、メリハリのある走りが可能になりました。

こういった細かい変更で、かなり違いが出るので、ユーザーの意見などを参考にして、これからもよりよく改良していってほしいですね。


 【失われつつある?クリーンディーゼルの優位性】

ガソリンが高騰していたころ、ガソリンよりも2割近く安い経由で走れるディーゼルエンジンは注目を集めました。

特に、マツダのクリーンディーゼルは、騒音が少なく、排気ガスもクリーン、更に燃費は30km/Lということで、経済性も高いものでした。

しかし、クリーンディーゼルの不正の問題とか、ガソリン価格の下落によって、その優位性はかなり失われつつあります。

今になってみると、日産のエクストレイルがクリーンディーゼル路線から、ハイブリッド路線に切り替えたのがよくわかる結果となりました。

ディーゼルには技術的な限界がある・・そのように考えたのかもしれません。

マツダには、クリーンディーゼルの世界的な先駆者として、これからも素晴らしい技術を武器に、ハイブリッドカーを凌ぐディーゼル車の開発にチカラを入れてほしいと思います。

願わくば、ディーゼルターボのスポーツカーを・・・。

充実した加速を楽しめるディーゼルだったら、やっぱりスポーツカーかSUVが最適です。

≪続きを読む≫

  icon-hand-o-right 必見!交渉が苦手な方向け!新車購入ガイド

⇒トップページに戻る☆彡「注目の話題が満載」
スポンサーリンク
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

cx-8

2018.2.23

マツダCX-8とCX-5の違いとは?まるでコンセプトが異なる車

マツダのSUV車のラインナップは、CX-3・CX-5・CX-8とわかりやすいものとなっている。当然のことながら数字が大きくなるほうが上位車種…

ページ上部へ戻る