フォレスターのフルモデルチェンジは2016年以降!

fl

排気量2リットル、堂々としたスタイリングで人気のスバルフォレスターが2016年にもいよいよフルモデルチェンジするのではないかと噂されています。

フルモデルチェンジ後のフォレスターは、ガソリン車とプラグインハイブリッド車の両方がラインナップされる予定で、ガソリン車はダウンサイジングターボとして2016年内に発表されるとのことです。

最近はJEEPレネゲードのようなダウンサイジング小型SUVと、日産のエクストレイルやトヨタハリアーなどのハイブリッド車に分かれて各メーカーの競争が激化しています。

SUVにハイブリッドってどうなの?と個人的には思っていたのですが、エクストレイル・ハリアーともハイブリッド車の評判は上々で、今後の動向の予測が極めて困難な状況です。

個人的にはSUVにはクリーンディーゼルだろ!とか思っていたのですが、どうやらSUVもハイブリッド路線とダウンサイジング路線の2つに絞られそうな勢いです。

そのようなことを踏まえて、新型フォレスターがどのような仕様になって生まれ変わるのか?期待してみたいと思います。


 【フォレスターを試乗!アイサイトなら別なオプションを選べ!】

SUVが大好きな我が家は、先日、スバルにフォレスターの試乗に出掛ける事に。

まず、一番気になる荷室を確認しました。感想としては、一般的な広さと言う感じでしたが、4人家族の我が家が乗る車としては、十分な広さだと言う事が言えました。

また、高さもちょうどいい高さで荷物の上げ下ろしがしやすいと言った印象を受けたのでした。

fl1

そして、運転席に座り、試乗してみると、まず、シートの良さに魅かれた私。決して、良い材質の座席ではありませんが、なんとなく落ち着くようなフィット感で、すっぽりと包んでくれる、そんな感じがしたのでした。

fl2

大きな車と言う事で、運転が難しいかと思いましたが、思っていた以上に前が見やすく、その上、小回りが利く事から、大きさを気にする事なく、運転する事ができたのでした。

そして、スバルと言えば、アイサイトですが、これは、思っていた以上の感動はなかったように思えます。

一般道では、さほど機能する事もないようで、警告音が少しうるさいと思ったほかは、何も感想はなく、「やはり、信用は出来ないかな?」と言うところが正直な感想です。

その事を担当者に伝えると、「確かにアイサイトは、高速道路でないと」と言う答えがあり、「やっぱり、そうなのか」と少し残念に思ったのでした。

それでも、付ける人は多いと言う話でしたが、もし、私がフォレスターを購入する際は、「アイサイトのお金で他の設備をアップさせた方が良いかな。」と思ったのでした。

本当に環境に優しいエンジンはどれか?という話題もまだまだ尽きることはありませんが、これからの車を語る上で欠かせないのが、予防安全装備です。

最近のCMでもわかるように、同じ自動ブレーキでも、日産は自動運転に向けた布石という位置付けですから、少しスバルとは距離があるような気がします。

いずれにしてもアイサイトで予防安全技術のトップを走るスバルの今後の対応に注目です。

  icon-hand-o-right 必見!交渉が苦手な方向け!新車購入ガイド

⇒トップページに戻る☆彡「注目の話題が満載」
スポンサーリンク
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

ve2

2015.1.26

新型ヴェルファイア2015のカタログ画像とグレードについて

トヨタから最上級グレードのミニバン、新型ヴェルファイアがいよいよ発表になりましたね!今度のヴェルファイアは国内最上級ミニバンにふさわしい装備…

ページ上部へ戻る