レクサスCT200hのフルモデルチェンジはいつ?

ct200h

ワンランク上のとか、上質な・・という言葉がよく似合うトヨタの高級車ブランドであるレクサス。中でもCT200hは求めやすい価格帯と優れた低燃費で、女性にも人気の車です。

2016年はマイナーチェンジにとどまったCT200hは、いよいよ2017年末にフルモデルチェンジが予定されているという噂です。トヨタは新型プリウスの発売によって、ハイブリッドカーの地位をより安定したものへと進化させようとしています。

CT200hのフルモデルチェンジが、トヨタが誇るハイブリッドカーの集大成ともいえるのではないでしょうか。

CT200hのもう一つの魅力は、キビキビ走るぞ!というスポーティなスタイルです。ハッチバックでありながら絶妙な高級感とスポーティさを醸し出しています。

フルモデルチェンジでは、更なる低燃費と安全性が追及され、もしかしたらそのころには自動運転に関わる装備もラインナップされてくるかもしれません。

今年の自動車業界のキーワードは自動運転でしたから、技術革新は急激に進み、更なる発展を遂げることは間違いありません。


 【エコにこだわる我が家に最適】

我が家は2011年、CT200hが発表されると同時に興味を抱き、すぐに販売店に行って試乗申し込みを行って、購入予約を入れたほどです。ポイントはいくつかありました。

まずは、ブランドです。あこがれのレクサスブランドが400万円以内で手に入ること、これは画期的でした。

そして、燃費性能です、当時乗っていた車が実燃費9キロ以下のクロカンで毎月10000キロ以上乗る我が家にとってはかなり、財布的に厳しいものがありました。

そこで発表時に当時のハイブリッドカーとして最高燃費という触れ込み。これは今しかないと思い立ったわけです。

そして、購入して5年近くになりますが実燃費はなんと20.6キロを記録しています。この数値には本当に満足しています。もちろん、最初ははじめてのハイブリッドカーということでいろいろ試行錯誤もありました。

我が家が気をつけているポイントはいくつかあります。まず、当たり前ですがアクセル、ブレーキは緩やかに。これは何と言っても燃費に悪いです。次に高速道路では、一定スピードを心がけます。

下り坂では高速であれ、一般道であれ、アクセルをふみこまず、自然に任せて運転しています。

上り坂は極力アクセルをふみこまず、ゆっくりのぼります。こうしたコツはもちろん、一番気をつけているのは、メーターを常なみることです。

エコな状態かどうかすぐにわかりますし、平均燃費が常に見えるので、無理をしないという注意を払うことも運転しながらできるわけです。

せっかくハイブリッドカーを持っていても、運転される方が気を付けないと燃費は思うように伸びません。高級車ブランドでありながら、かっこよさと低燃費を両立させているCT200hは一見の価値があります。

≪続きを読む≫

  icon-hand-o-right 必見!交渉が苦手な方向け!新車購入ガイド

⇒トップページに戻る☆彡「注目の話題が満載」
スポンサーリンク
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

ve2

2015.1.26

新型ヴェルファイア2015のカタログ画像とグレードについて

トヨタから最上級グレードのミニバン、新型ヴェルファイアがいよいよ発表になりましたね!今度のヴェルファイアは国内最上級ミニバンにふさわしい装備…

ページ上部へ戻る