2015年新型プリウスの最新情報がヤバ過ぎる!

p1

2015年はトヨタの新型プリウスが発売することが濃厚となっていますが、情勢はまだ流動的と言っていいと思います。何故かと言うと、注目のハイブリッドシステムは日進月歩で進化しているためです。

もしかしたら明日、新しい画期的な電池が開発されるかもしれないし、現在40km/Lとされている新型プリウスの燃費も向上するかもしれません。決まっているのは「発売するだろう」ということだけなんですよね。

トヨタのハイブリッドカーの優れている点は、色々ありますが、低速トルクに比較的強いモーターと、高速域のエンジンとの使い分けがやっぱりトヨタ車が一番優れているところだと思います。

単にエンジンの補助としてモーターを回すだけでなく、エンジンにとって効率の悪い領域をモーターに任せることによって、カタログスペック通りの燃費が実現しているんですね。

エンジンを暖気しなければならない時にはエンジンを回す、そしてバッテリーに充電が必要なときもエンジンを回す。エンジンのパワーはあますところなく使うというのがトヨタのハイブリッドカーの真髄です。


 icon-bookmark-o  2015年発売!トヨタ新型プリウスはどうなるのか?

次期プリウスの大きなポイントは、より効率化をはかるために、ボディの軽量化を行うというところにあります。ガラスを樹脂に変更したりして現行モデルよりも100kgもの軽量化をはかることに成功しているそうです。

また、ハイブリッドシステム自体の軽量化も行われます。ハイブリッドシステムの変更は、他の車種にも大きな影響を与えそうですよね。

まさに、新型プリウスの登場はハイブリッドカーの新時代の到来を意味しているのです。もう燃費を気にして走るなんてこともなく、発進のノロノロを気にすることもない、全く新しいプリウスに期待しています。

新型プリウスが発売した後は、プリウスの派生車にも期待が高まります。現在はプリウスのミニバンである「プリウスα」が人気となっていますが、それ以外のコンセプトを持つプリウスも誕生しそうですね(^^ゞ

実は私は現段階ではハイブリッドカーをお勧めしてはいません(^_^;)まだ発展途上たと考えているからですね。やっぱり消耗品である電池の問題や、購入価格の問題など、まだまだ解決すべき課題も多いと思っています。

現在の最新情報よりも更に進化したプリウスが必ず誕生することを願っていますが、同じくハイブリッドカーの名手であるホンダも、独自のコンセプトを持つハイブリッドカーをどんどん市場に投入して欲しいと思います。

ホンダの特徴的なハイブリッドといえば、発売が噂されている「NSX」です。まだまだ情報が少ないNSXですが、画期的なハイブリッドカーであることは間違いありません。

ホンダとトヨタのハイブリッド抗争に、日産が加わり、これまで以上に高性能で環境にやさしいハイブリッドカーが2015年は次々と登場しそうですね(^^ゞ

ハイブリッドカーは価格が下る前にさっさと売ってしまうのが良いと思います。車検が近い方、経年劣化を感じ始めた車は、早々に売ってしまうことを決断されることをお勧めします。

車を売るにはちょっとしたコツがありますので、下のリンクから「新車購入ガイド」をご確認ください。ちょっと目を通していただくだけでお役に立てると思いますm(__)m

  icon-hand-o-right 必見!交渉が苦手な方向け!新車購入ガイド

⇒トップページに戻る☆彡「注目の話題が満載」
スポンサーリンク
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

cx-8

2018.2.23

マツダCX-8とCX-5の違いとは?まるでコンセプトが異なる車

マツダのSUV車のラインナップは、CX-3・CX-5・CX-8とわかりやすいものとなっている。当然のことながら数字が大きくなるほうが上位車種…

ページ上部へ戻る