三菱アイ・ミーブ価格や航続距離について

miv2

自動車業界は急速に次の時代へと進み始めています。

具体的には自動運転車の登場や、ハイブリッドカーに代わる次世代の電気自動車などが挙げられます。

トヨタからは、燃料電池車が登場していますが、一般市民にとっては高根の花であり、燃料の補給方法などがいまいちわかりにくい状態になっています。

そのような状況の中、比較的庶民的な価格で、完全な電気自動車が手に入る、夢の車への第一歩ともいえるのが、三菱のイーブです。
電気自動車と言えば、日産のリーフが非常に有名ではありますが、庶民派と言えばミーブのほうが上です。

まず、ミーブは軽自動車をベースに作られているので、大きさは軽自動車そのものです。

最近よく見かけるデパートや道の駅の駐車場にある、充電スタンドで急速充電することができます。

車両本体の価格は、2,261,520円、これに国からの補助金が330,000円を上限として給付されることになります。

車両本体だけで言えば、200万円を切る価格で購入することができる電気自動車、今日は、ミーブを試乗されてきた方の話を加えながら具体的に迫ってみたいと思います。


 【三菱アイ・ミーブを試乗してみた】

ミーブは電気自動車です、乗用車タイプとワゴンタイプがありどちらにしても電気なのでガソリンがかからなく音は静かで快適な車です。

しかし冷暖房はやはり電池を食うのであまり強く出来ないのが難点ですね。

・ミーブの燃費(実燃費)について

ミーブは電気なのでガソリン代はかかりません、また電気代は深夜だとかなり安く済みますし、また無料の所や急速充電など使えると電気代はかかりません、それにタイプもありより上位の電池のタイプは充電容量も多いですし永い航続距離を走ることができます。

・ミーブの価格と値引き情報

電気自動車なので普通の車よりは値段が高いです、また国からの援助金が出ますので少し割引が利きます。

・ミーブの評判と評価

ミーブは電気で走るのでガソリンがいらないことは評価されますしまたエコにも貢献しています。

また電池容量は種類によって違いますが一番下の物でも80kM位は走るので遠出しない人や近くの買い物程度の人ならば問題なく使えます。

でも困ったことにやはり冷暖房に電池を消費することです、これで航続距離が減るわけですがやはり電気自動車は暖房の方が苦手です、熱を発生するためにヒーターなどで電力を使うために冷房よりも暖房の方が消費が大きいですね。

しかしこの電気自動車は走りで魅力されるのです、普段はエコで走りますが電気を気にしないドライブモードがなんと素晴らしく加速はスポーツカーの加速にも負けないほどのGを感じさえてくれるものです。

・ミーブの内装はここが好き

グレードにもよりますが一番上のランクは快適にできていますね。それに近未来的なコックピットが素敵です。

miv1

ミーブの航続距離は下位グレードで120km、上位グレードで180kmとなりますが、いずれもカタログ値なので、冷暖房を付けて、更に人を乗せることで、航続距離は低下します。

要するに、人が車を運転する1日の平均値が40kmだということを念頭に、航続距離よりも実用性を重視した電気自動車になっているようです。

おそらく、これから新型という話も出てくるでしょうけど、未来の車である電気自動車が、今後どのように進化していくのか、とても楽しみです。

≪続きを読む≫

  icon-hand-o-right 必見!交渉が苦手な方向け!新車購入ガイド

⇒トップページに戻る☆彡「注目の話題が満載」
スポンサーリンク
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

ro1

2015.1.16

マツダ新型ロードスターの発売日や最新情報!

2014年は、まさにマツダイヤーでしたよね。 新型ロードスターの発表や、新型デミオの登場で沸きました。 新型デミオでは、マツダが…

ページ上部へ戻る