スズキスペーシアカスタムの値引きは可能か?

s1

スズキの軽ワゴンといえば、ワゴンR・・いやいや、スペーシアも人気上位常連の車種です。月間販売台数は10000台を超えることもあります。なんともスズキらしいスタイルが落ち着いた雰囲気ですよね。

スペーシアにも「カスタム」という上位モデルが存在します。レーダーブレーキサポートなどの安全装備が充実、特にインテリアの使い心地はピカイチだと思います。


   スズキスペーシアカスタムの値引きについて

スペーシアを扱う販売店は「スズキ店」と「アリーナ店」です。両方の販売店に行って見積を取ってみるのも面白そうですよね。ただし、スペーシアも他の車種同様に値引きは非常に厳しいと思います。

良くて購入価格の5%程度と思っていてください。ただし、スペーシアは2013年に発売以来、安定した販売台数を誇っています。そのため中古車としても高く買い取ってもらえることが予想できます。

スペーシアは全グレード100%のエコカー減税車種となりますので、そういった意味でのお得感もあります。お得感重視の方にとっては他の車種よりもコスト面でかなり優れている車といえるでしょう。


特徴的なのが良く考えこまれた内装です。ボックスティッシュをそのまま収納することができるオーバーヘッドコンソール、ロールサンシェイドなど、ちょっとした気配りがきちんと出来ている車です。

助手席の座面の下にも、収納スペースが確保されているなど、軽自動車の「狭い」という弱点を見事にカバーしています。正直言うとデザインはN-BOXやタントのほうがかっこいいと思いますけど、総合的にはスペーシアに軍配が上がりそう。

この車は値引きを狙うというよりも、ローンが終わった後にも高く売れるということを期待して購入できる車です。将来のことをしっかりと考えて購入することができるのは大きな魅力です。

気になる価格は、「TSレーダーブレーキサポート車」で170万円ほどとかなりお高め・・・。ただ、減税100%も考慮に入れると結局は同じなんですよね(^^ゞ

やっぱり、軽自動車ではスズキ・ダイハツが進んでいるような印象を受けました。

  icon-hand-o-right 必見!交渉が苦手な方向け!新車購入ガイド

⇒トップページに戻る☆彡「注目の話題が満載」
スポンサーリンク
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

ro1

2015.1.16

マツダ新型ロードスターの発売日や最新情報!

2014年は、まさにマツダイヤーでしたよね。 新型ロードスターの発表や、新型デミオの登場で沸きました。 新型デミオでは、マツダが…

ページ上部へ戻る