スバルレヴォーグの実燃費は?1.6GTアイサイト

hon14

アイサイト予防安全技術に定評のあるスバルのワゴン車レヴォーグ、ダウンサイジングされて新登場して話題になりました。少し時間が経過しましたので、実燃費の情報が入ってきました。

4WDでターボと言うことで、メーカーのカタログ燃費は17.6km/Lとやや辛目の数値です。町乗りでも10km/L以上の燃費は期待したいところです。

今日は、そんなスバルのレヴォーグを購入して5カ月になる方のお話をお届けさせていただきます。何を言っても実際に乗ってらっしゃる方の経験に勝る情報はありませんからね~、是非ご参考になれば幸いです。


 【レヴォーグの真骨頂はやっぱりアイサイト】

スバルのレヴォーグを買って約5カ月が経過しました。グレードは1.6GTアイサイトです。

この車を検討したときに最も気になっていたのは燃費です。フルタイム4WDの上にターボも付いているのでかなり厳しいのではないかと思っていました。

約5000kmほど走りましたが、トータルの燃費は10km/?くらいとなりました。

走行の内容は高速道路を使った遠出が約半分くらいで、後は片道5kmくらいの通勤と買い物など近場を走りました。

想像とだいたい一致する燃費となりましたが、カタログ値とはかけ離れてしまったこともあって本音としてはもう少し走って欲しいと思っています。

高速道路を使った遠出では14km/?くらいを出したこともありましたが、やはりチョイ乗りだとかなり燃費が悪くなってしまいますが、車の性格上仕方ないかと思っています。

走りの安定性は文句なしで土砂降りの高速道路でも全く問題はありませんでした。ハンドリングが素晴らしく狭い道路でも驚くほどに良く曲がり運転がとても楽しく感じられます。

特筆すべきはスバルお得意のアイサイトの機能です。

高速道路などで前の車を認識してついて行く機能がありますが、この機能が最も発揮されたのが渋滞しているときです。

ブレーキやアクセルの操作を一切しなくても、車が自動で加速、減速してくれるので右足の疲労度がかなり軽減されました。

最初は本当に機械任せにして大丈夫かなと、ブレーキを踏む準備をしていましたが、最近では信頼しきって車任せにしてしまっています。ある意味、これはこれで問題なのかなと思ってしまいますが、とにかく良く出来た車だと思います。

町乗りでは10km/L程度の燃費、高速・長距離の移動では14km/Lくらいまで燃費が伸びるんですね・・これは立派な数字です。先進のアイサイトは予防安全技術ですが、この方は高速道路を走っているときに、その便利さを実感されているようです。

  icon-hand-o-right 必見!交渉が苦手な方向け!新車購入ガイド

⇒トップページに戻る☆彡「注目の話題が満載」
スポンサーリンク
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

cx-8

2018.2.23

マツダCX-8とCX-5の違いとは?まるでコンセプトが異なる車

マツダのSUV車のラインナップは、CX-3・CX-5・CX-8とわかりやすいものとなっている。当然のことながら数字が大きくなるほうが上位車種…

ページ上部へ戻る