ワーゲンゴルフはダウンサイジングターボで実燃費が向上!

golf

ワーゲンゴルフは身近に乗れる外車として、長年にわたって日本でも親しまれています。今日はワーゲンゴルフの実燃費のお話です。

ボディはコンパクトではありますが、乗ってみると外車らしいどっしりと安定した感じがしますよね。価格は300万円台がメインということも人気の秘密ではないでしょうか。

外車といいますと、車体が重くて燃費が悪い印象を持ちますが、さすがに日本で売れている車です。大きいだけでは売れません。

ワーゲンゴルフは新型になって、ダウンサイジングターボエンジンを搭載しました。

ハイブリッドではコストもかかるし、なによりもパワー不足が心配です。個人的な意見ですが、やはり外車を買うなら、日本車にはないパワーも求めたいところです。


 【ワーゲンゴルフは外車の概念を覆す低燃費!】

フォルクスワーゲン・ゴルフは、エンジンの排気量は1.4Lです。これにターボがついているので、普通の1.4Lよりもさらに燃費が良くなっています。

以下はその車に3年乗ったうえでの、実燃費の報告です。

購入するときにエコカー減税を受けましたので、燃費についてはそれなりに期待していましたが、想定以上の燃費の良さでした。

まず街乗りの場合です。

だいたい40km/hで、信号に引っかかったり、という状態の乗り方で、燃費は10km/Lといったところです。これが、幹線道路でスピードも70km/hから80km/h出せるところですと、一気に12~13km/Lまで伸びます。以前乗っていた車の、高速道路での燃費よりもいいくらいで、まずこれに驚きました。

そして高速道路の場合です。

だいたい100km/Lから120km/Lで走行して、16km/lが出ます。少し燃費を意識して、80km/hのスピードで、エンジン回転数を2000回転いかにして走らせると、これがさらに伸びて19km/Lまで行きます。

以上のようにフォルクスワーゲン・ゴルフは、ヘタをすると軽自動や以上の燃費の良さを発揮してくれる車です。

これは、1.4Lという軽いエンジンを積んで車体重量を減らしていながら、ターボを搭載してエンジンのパワーを確保した、という技術の結果だと思います。

加えて、その燃費の良さながら、加速性能、高速性能とも非常優れています。高速に合流するとき、前を行く車を抜かすとき、などその威力を発揮します。

日本車にはない圧倒的ともいえる高速走行での安定感、そして日本の市街地を走るための実燃費性能、両方を兼ね備えたゴルフは今が絶好の買い時となっています。

  icon-hand-o-right 必見!交渉が苦手な方向け!新車購入ガイド

⇒トップページに戻る☆彡「注目の話題が満載」
スポンサーリンク
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

cx-8

2018.2.23

マツダCX-8とCX-5の違いとは?まるでコンセプトが異なる車

マツダのSUV車のラインナップは、CX-3・CX-5・CX-8とわかりやすいものとなっている。当然のことながら数字が大きくなるほうが上位車種…

ページ上部へ戻る