新型プリウスの実燃費は30km/Lほどか?プリウスの燃費に感動した話

p1

2015年内にも発売されるとされているトヨタの新型プリウス。最新のハイブリッドシステムとボディの軽量化によって、更なるエコドライビングを追求、JC08モードの燃費は40km/Lを超える見込みとなりました。

新型プリウスの価格は240万円~と予想されていて、乗り出し価格で300万円見込んでおけば、オプションも付けられるくらいの価格帯となっています。

今日は、3000ccの高級車から、プリウスに乗り換えた方のお話です。この方は、毎回ガソリンスタンドで1万円分の給油をされていて、経済的にも、環境的にも、「そろそろプリウスに・・」と乗り換えを決断されたそうです。


 【プリウスに乗り換えてわかったこと】

長年、トヨタのウインダムに乗っていましたが、燃費はリッター6キロほど。

最初にガソリン価格が上がり始めた時は、びっくりしました。あまりに急激な上昇でしたからね・・・。

それからも徐々に高くなっていくガソリン価格に半ば慣れてきてしまい、当初はハイブリット車には興味も示さなかったのですが、車検時期に近づいてきたので、この際、ハイブリッド車にと、いつもお世話になっているトヨタのディーラーさんからかなりお買得の中古のプリウスを購入しました。

ウインダムは3000ccだったので、馬力に多少不安を感じていたのですが、乗ってみると全くもって問題ないくらいの、パワーにびっくりしました。

そして肝心の燃費。

街中を走っている分には実質リットル17キロ、高速を走ると21キロくらいです。ほんとに驚きです。スピードも出る、燃費も良い、そりゃあ、走っていて周りを見ればプリウスだらけってのわかるような気がします。

今まで満タンにすると1万円はかかっていたのに、今はその半分もいきません。

しかも満タンにしてしまうと、次回給油する時に使える割引チケットの期限が切れてしまうという今までにない事が。

先日、ちょっと高速で遠出して(往復700キロくらい)その間に一度も給油しないで済むんですから、今となってはガソリン代をあれだけ使っていたのが嘘のようです。

しかも自動車税やら他の経費も全て今までより安いですし、ホントに買い替えて良かったです。ただ同じプリウスに一足先に乗っているお友達が、タイヤの消耗が早い気がすると言っていたのですが、そこはまだ未確認です。

ハイブリッド車と聞くと、少しノロいイメージがありますけど、実際乗っている方は満足されているようですね。最近は街中にプリウスが多いですが、カスタムパーツも数多く販売されていて、個性的なプリウスも見かけるようになりました。

新型プリウスでも、個性をアピールできる、若者にも手が出しやすい車になってほしいと期待しています。

  icon-hand-o-right 必見!交渉が苦手な方向け!新車購入ガイド

⇒トップページに戻る☆彡「注目の話題が満載」
スポンサーリンク
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

cb1

2015.2.13

日産キューブモデルチェンジ2015の最新情報

日産キューブが2015年内にフルモデルチェンジします。今度のキューブはこれまでの斬新なスタイルを継承せずにミニバン化され、7人乗りになるとの…

ページ上部へ戻る