トヨタカローラに安心と信頼!改めて凄さを実感

hon25

販売台数1000万台を突破した、トヨタのカローラ。カローラが愛される理由は様々あると思います。個人的には無難なデザインの中にもしっかりと最新技術が詰め込まれていることが高い評価の理由ではないかと感じています。

最近では、新型カローラフィールダーハイブリッドが登場してますます進化を続けているようです。

今日は、そんなカローラに長年乗り続けている方からお便りをいただきました。カローラには家族の思い出がたくさん詰まっているようですね。


 【カローラのここが好き!これからも乗り続けたい】

先月亡くなりましたが、父親は昔からカローラに乗っていました。能登半島1周も家族みんなでいった想い出がありますが、4人でわいわい言いながら楽しんでいました。
社会人になり最初に新車で購入したのは、カローラレビンです。タコメーターも付いていてエンジンの回転の調子をみながら会社の通勤用に利用していました。時々会社の仲間と旅行にいくときに車をだしていましたが、乗り心地はよいといってくれました。
次に購入したのもカローラでした。不思議ですが、カローラ以外にも選択できましたが、体に染み込んだ運転方法と異なる車は乗りにくく、最後にはカローラに戻ってしまいました。
家族は他の車に乗りたいといっていましたが、理由を聞くと当時は大衆車と中年の乗るイメージがするということでした。
大衆車であるメリットとして信頼性と安定感がカローラにはあったので、なんとか説得しました。
子どもの保育園での送迎や海水浴、実家への帰省にもよく利用していました。今は違いますが、当時は大型スーパーの駐車場に入れて買い物して帰ると、似たような車が多く、置いた場所を見つけるのに苦労しました。リモコンキーを動作してヘッドライトの点滅で見つけたことは何度もあります。
近所を見回しても、カローラを見かけることは少なくなっていますが、時々道路で同じカローラを見かけるとうれしくなってしまいます。
すでに12年ほど運転していますが、車の調子は良いです。走行距離は約8万kmと年数に比較して少ないですが、毎日の通勤には欠かせません。

新車を選ぶときには、これからの自分と家族の歴史を刻んでいくということを意識して、慎重に選びたいですね。

  icon-hand-o-right 必見!交渉が苦手な方向け!新車購入ガイド

⇒トップページに戻る☆彡「注目の話題が満載」
スポンサーリンク
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

ve2

2015.1.26

新型ヴェルファイア2015のカタログ画像とグレードについて

トヨタから最上級グレードのミニバン、新型ヴェルファイアがいよいよ発表になりましたね!今度のヴェルファイアは国内最上級ミニバンにふさわしい装備…

ページ上部へ戻る