ホンダ新型シャトルハイブリッドの評判と評価について

kei

5月15日に発売したホンダの新型シャトル、非常に使い勝手の良いステーションワゴンに仕上がっていると思いますが、巷の評判はどのようになっているのか?気になったので情報を集めてみることにしました。

ホンダは相次ぐリコール問題から、新車の発売を延期してきましたが、ステップワゴン、シャトルとようやくホンダらしさが際立つ新型車を発売してきましたね(‘◇’)ゞ

特にダウンサイジングターボエンジンを搭載した、ステップワゴンの評価が高かったのが、私としてはとても喜ばしいことでした。室内の静粛性や、新たな発想のわくわくゲートについても、なかなかの評判でした。


 【ホンダ新型シャトルのスペックは?】

まず、発売前には、シャトルにもダウンサイジングされたターボエンジンが採用されるのではないか?という噂がありましたが、今回のラインナップにはターボエンジンはありませんでした。

シャトルはあくまでもハイブリッド路線で頑張るようです。気になる燃費は34.0km/Lとなっており、プリウスαの26.2km/Lを大きく凌ぐ圧倒的な低燃費になっています。

■新型シャトルの価格帯(ハイブリッドFF)

icon-angle-right HYBRID 1,990,000円

 HYBRID X 2,190,000円

 HYBRID Z 2,380,000

個人的にはそれぞれのグレードに4WDが設定されていることもうれしいポイントでした。冬場は雪が降る地域の方、そしてウインタースポーツを楽しみたい方、比較的低価格帯のハイブリッド車でありながら、様々なニーズに応えられるようになっていると思います。
今後、シャトルにもダウンサイジングターボのラインナップが追加されるのでは?という情報もあったりして、今後ホンダ車がますます楽しみな存在になりそうですね(‘◇’)ゞ

  icon-hand-o-right 必見!交渉が苦手な方向け!新車購入ガイド

⇒トップページに戻る☆彡「注目の話題が満載」
スポンサーリンク
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

ro1

2015.1.16

マツダ新型ロードスターの発売日や最新情報!

2014年は、まさにマツダイヤーでしたよね。 新型ロードスターの発表や、新型デミオの登場で沸きました。 新型デミオでは、マツダが…

あなたにおすすめの記事

ページ上部へ戻る