レヴォーグB型の乗り心地と評判まとめ

hon14

スバルから2015年にマイナーチェンジされた、レヴォーグB型に関する情報をまとめてみましょう。

レヴォーグは2014年6月に発売され、ダウンサイジングされたエンジンと、高い安全装備(アイサイト)で話題となりました。

2015年4月に行われたマイナーチェンジでは、乗り心地が更に上質なものへと進化しているということで、マイナーチェンジ後の変更店や、口コミ情報を調査してみたいと思います。


 【レヴォーグB型乗り心地に関する変更点】

レヴォーグB型では、乗り心地をより上質なものにするため、ルーフに制振材・荷室に吸音材を追加し、静粛性をアップさせています。

これは、ヨーロッパでの発売に備えたもので、日本よりも平均速度の高い国での静粛性を求めた結果の仕様です。高速走行した時の振動音や、風切音の低減が図られています。

GTグレードのサスペンションが変更されて、乗り心地が向上しています。

安全装備に関する評価がかなり高くなっているレヴォーグのB型、万が一に備えることも重要なことですが、普段のドライビングではやっぱり乗り心地、私は特に静粛性を重視しています。

室内が静かだと、なんとなく高級感も感じることができますし、車内での会話も弾みます。

レヴォーグの乗り心地はかなり向上されていて、4人乗車時でのカーブでも車の挙動が乱れない、ということや、走り出した瞬間から車体が安定しているのがわかる。などの評価がありました。

私はどちらかと言うと、足回りは硬めのセッティングが好きなのですが、レヴォーグはスポーティな硬さもあるという話でしたので、試乗するのを楽しみにしています。

  icon-hand-o-right 必見!交渉が苦手な方向け!新車購入ガイド

⇒トップページに戻る☆彡「注目の話題が満載」
スポンサーリンク
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

cb1

2015.2.13

日産キューブモデルチェンジ2015の最新情報

日産キューブが2015年内にフルモデルチェンジします。今度のキューブはこれまでの斬新なスタイルを継承せずにミニバン化され、7人乗りになるとの…

ページ上部へ戻る